刻々と進化するマカオの最先端情報誌『マカオぴあ vol.18 (春)』は4月4日(水)発売です!   最強のマカオ本『地球の歩き方 マカオ 2012~2013』は4月21日発売です!

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • seo

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

スタンレー・ホー(何鴻燊) 文化遺産を中国へ寄与

2007.09.22(19:09)
カジノ王が清代の略奪品を10億円で買い取り、競売中止へ

中国・清代の第二次アヘン戦争(アロー戦争、1856-60年)の際、英仏連合軍が略奪した馬の頭部のブロンズ像を競売大手サザビーズが競売にかけようとしたところ、「中国人への侮辱」と反発が起き、マカオのカジノ王、スタンレー・ホー氏が約7000万香港ドル(約10億円)で購入に名乗りを上げ、競売中止が決まった。サザビーズが20日発表した。

 同氏は「愛国意識の向上に役立ててほしい」と中国側に寄付することを明らかにした。

 馬のブロンズ像は、清朝の離宮だった北京郊外の円明園の噴水の装飾品。像は乾隆帝時代につくられ、当時は十二支がそろっていた。台湾の収集家が1989年、約300万香港ドルで落札し収蔵。10月に香港で予定されていた競売で約6000万香港ドルの値が付くと予想されていた。

 中国政府は近年、海外に流出した文化遺産の買い戻しに尽力。2000年に同園の十二支像のうち、虎、猿、牛の競売が行われると、中国人民解放軍に近い企業集団が落札。イノシシは03年、ホー氏が競り落として中国側に寄付した。

 ウサギとネズミは欧州の収集家が収蔵、残る5つは行方不明となっている。


出典:イザ!

1週間ぐらい前の澳門日報にも、中国国家博物館に絵画の『南京條約』、『世紀大典』、『毛澤東會見希思』、ブロンズ像の『毛澤東』、『小平像』を寄贈した記事が載っていました。
金額は載ってませんでしたが、スタンレー・ホー(何鴻燊) が競売で高額落札した物です。


下記、澳門電視台の澳視新聞から動画が見れます。

何鴻燊購馬首銅像贈國家
mms://202.175.80.18/tdmvideo/20/9.asf

何か・・・ 勝手に色々と"裏"を想像してしまいます・・・

  • seo

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

レンタルCGI アクセスランキング ブログパーツ

RSS表示パーツ

RSS表示パーツ

トラックバック
トラックバックURL:
http://macaunews.blog73.fc2.com/tb.php/257-1ad4c219
| ホームへ |

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

OUMUN

Author:OUMUN
歓迎光臨マカオ最新情報!
探し物が見つからない場合は、右側の検索窓から検索してみて下さい。

マカオのホテル予約

マカオのホテル予約専門店 グリーンホリデー

マカオの人気投票
マカオの現在時刻

マカオの天気
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カウンター
SEO Stats

ページランク

コラブロ

Google Maps

顔文字教室

クリックで募金できます。

月間アクセスランキング

月間検索ワードランキング

会話本@マカオ

AmazonStore
by amanatu

為替情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。