刻々と進化するマカオの最先端情報誌『マカオぴあ vol.18 (春)』は4月4日(水)発売です!   最強のマカオ本『地球の歩き方 マカオ 2012~2013』は4月21日発売です!

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • seo

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

マカオの新交通システム、年内にも入札

2007.05.07(20:32)

マカオの新交通システム、年内にも入札

 マカオ政府が計画しているマカオ交通インフラプロジェクトの国際入札が、早ければ年内にも実施される見通しだ。車両形式は、チェクラプコク空港でも運行しているタイヤ車輪の新交通システム(オートメーテド・ピープル・ムーバー=APM)になるもよう。APMは、世界でも日系企業が大きなシェアを誇る分野。カジノ以外でも、最大120億マカオパタカ(約1,800億円)の巨大インフラ事業として今後も注目されそうだ。

 4日付マカオ日報によると、マカオ政府の劉仕尭・運輸工務長官が今月末にも同プロジェクトの修正法案を議会に提出するとしている。
 
 修正案では、年内か来年初めにも国際入札を実施。遅くとも4年以内には完成する計画という。現在は交通機関がほぼ飽和状態だが、公共バスやタクシーなどのサービスにもさほど影響がないよう配慮するとしている。
 
 同プロジェクトは2003年から計画が進んでいたが、駅の立地問題や、欧文龍・運輸工務長官が収賄で逮捕された事件などの影響で、計画がとん挫していた。
 
 業界によると、APMが選ばれたのは、騒音が少ないことや安全性・機動性などに優れていた面が評価されたもよう。カーブが多いマカオの地形にも適しているとされたようだ。

新交通システム(APM)

 
 ■日系など4社の争いか
 
 国際入札では、世界でAPMを製造できる大手は東京のゆりかもめを運行する石川島播磨重工(IHI)、三菱重工業、カナダのボンバルディア、ドイツのシーメンス――の4社しかないため、いずれかの争いになるのは確実となる見通しだ。
 
 マカオ域内に敷設する交通網の総延長は27キロメートルで、各駅構内の長さは300~500メートル、大陸側とタイパ島の主要住宅地や商業地区、観光地などをつなぐルートとなっている。マカオ半島内は環島線(10キロメートル・10駅)とマカオ・タイパ線(14キロメートル・14駅)の2本、タイパ島は空港支線(3キロメートル・3駅)が敷設される予定。



出典:NNA

  • seo

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

レンタルCGI アクセスランキング ブログパーツ

RSS表示パーツ

RSS表示パーツ

トラックバック
トラックバックURL:
http://macaunews.blog73.fc2.com/tb.php/45-908a36cd
| ホームへ |

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

OUMUN

Author:OUMUN
歓迎光臨マカオ最新情報!
探し物が見つからない場合は、右側の検索窓から検索してみて下さい。

マカオのホテル予約

マカオのホテル予約専門店 グリーンホリデー

マカオの人気投票
マカオの現在時刻

マカオの天気
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カウンター
SEO Stats

ページランク

コラブロ

Google Maps

顔文字教室

クリックで募金できます。

月間アクセスランキング

月間検索ワードランキング

会話本@マカオ

AmazonStore
by amanatu

為替情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。